がんなどの病気で悩んでいる方の脳の回復スイッチを入れるのをナビゲートします。与野のストレス解消No.1整体院!

院長プロフィール

院長プロフィール

【氏名】
武笠 隆(むかさ たかし)


【ニックネーム】
むっちゃん または Taka


【大好きなこと】
・整体
・武術
・インターナショナルな交流
・コーヒーショップでもの思いにふける
・旅行


【経歴】
東京理科大学理学部応用化学科卒
サンディエゴ州立大学大学院分子生物学修士課程卒
Burnham Institute for Medical Research
BD Biosciences San Diego
GenScript
日本回復整体総合学院復興支援特別コース卒
導引吐納
日本温灸温活協会温灸温活アドバイザー
気功ヒーリング整体
介護職員初任者研修


【モットー】
我以外皆我師



なぜ私が整体師になったのか?

ホームページプロフィール

なぜ私が今、整体師をやっているのか、ここに至るまでの経緯とともに、自己紹介させていただきます。


悲しみを知る

私はスポーツが大好きで、小学校のときはとくに悩みもなく、
毎週末サッカーに夢中になっていました。

そして、父の影響を受けて科学に少し興味を持つようになります。

今思うと、両親にはすごくかわいがられていたんだと思います。




15歳の時に母親を癌で失って、それから人の生や死、痛みについてよく考えるようになりました。

一方で、自分の心が本当にのぞむものや身の回りのすばらしい事にあまり意識を向けれない、ちょっと暗い時期がありました。
美味しいものを食べて、いい車に乗ってなどという事にも興味がありませんでした。



アメリカのサンディエゴへ

私は東京で育ったのですが、生まれたのはアメリカのシカゴです。
家族が向こうに住んでいた時、母が、自分で車を運転して病院まで行って僕を産んでくれました。

だから、アメリカに行きたいという気持ちがずっとあって、大学卒業後、アメリカのサンディエゴに渡りました。

なぜ、シカゴじゃなくてサンディエゴだったのか?

それはただ単に気候がよくて海があったからです(笑)


そこで、いろんな国の人たちと出会い、ポジティブに人生を楽しんでいる人たちの姿を見て、自分の狭い視野、凝り固まった頭がだんだんとほぐれていきました。

そして失っていた自信とやる気を、少しずつ取り戻していった気がします。



病気で悩む人の力になりたいと思ってサンディエゴ州立大学の大学院でがん細胞に発現する酵素の研究に従事しました。
卒業後は、現地で6年間医療系の研究所やバイオ系の会社で働いていました

大学院や研究所では、研究的な考え方、”ある法則を見つけるために仮説を立て、それを実証するために色々な実験を計画して確かめる。あらゆる条件で予測通りの結果が出れば、それが実証されたことになる。”というようなものの見方を学びました。


それと同時に、何か打ち込むものを求め、空手やキックボクシングに熱中して、それらを教えたり試合にもよく出ていました。
2001年にはアラバマで開催されたワールド大山空手道連盟の全米大会、軽量級部門で優勝もしました。



腰椎椎間板ヘルニアになってしまう

今は人にカラダをいたわるように言っていますが、私も長年、さんざん無茶をして自分のカラダを粗末にあつかってきました。


まだ空手の試合の経験のみで、キックボクシングはまともにスパーリングすらやったことがなかった頃、キックボクシングの試合に出て、開始30秒でミドルキックをくらってノックアウトされたり、

大学院の卒論発表の1週間前に、練習不足のまま空手のトーナメントに出場して、190cm以上ある相手と戦い、膝蹴りをくらって鼻を骨折したり、、、

アホですね。(^^;





そのようなカラダへのムリが積もり積もって、腰椎椎間板ヘルニアになってしまい、腰の激しい痛みがとれなくなってしまいました。

腰に加え、太ももや足先のシビレが強く、靴下を履いたり顔を洗うこともつらくて、スポーツどころか日常生活もままなりません。

いろいろな治療を体験し、よくなっては再発と10年以上ヘルニアに苦しみました。


そして、2011年、家族と一緒に過ごしたいという思いから、13年住んだサンディエゴを後にして、日本に帰国しました。


日本の職場では本質でないことでいろいろな制約や圧力を感じ、サンディエゴでは感じたことのなかった大きなストレスを感じました。

それを発散させるために遅く帰宅してから運動に依存しました。

すると持病の腰椎椎間板ヘルニアをまた再発してしまいました。

その頃に通った整体が自分に合っていて、根本的な原因(ヘルニアになるしくみ)を取り除くことによって、ついにその痛みを克服しました。

今では腰の状態は安定していてスポーツでもなんでも問題なくできます!




整体師になることを決意

もっと人と直接関わって健康に関わる仕事がしたいと思い、自分のヘルニアが整体で良くなったのをきっかけに、整体師に転身し、2012年10月に「のぞみ回復整体院」(現在、「脳の回復スイッチサロン」)をオープンしました。

人のカラダを診ているうちに、カラダと心は繋がっている、さらには潜在意識など見えない力も働いていると強く感じるようになりました。

そもそも症状や病気の原因はその人の生活習慣、思考習慣から生み出されるストレスにあります。

そのように全体を捉えて根源にアプローチしていくことにやりがいを見出しました。




がんサバイバー達から学ぶ

2016年に、余命半年の進行がんを乗り越えた杉浦貴之さんと出会いました。

彼が発行する命のマガジン『メッセンジャー』を読んで、他にも末期のがんから回復して元気になっている人たちがたくさんいることを知ってすごく嬉しくなりました。


彼らと実際に会ったり、お話を聞いたりするうちに、彼らの共通点からなぜ病気になったのか、そしてどうして回復することができたのかを考えるようになりました。


私が考えるがんサバイバーの共通点は、頭の価値観で動かずにハートや魂に従って動いている。
命を最大限に生きようとしていることです。

分かっていても大抵の人はなかなかそのようにできません。

それは頭による束縛が強烈で、この社会で生きていると、人としての様々な偏った価値観や思い込みが植え付けられていきます。
それによって精神的ストレスが圧し掛かり、自分で自分を傷つけていきます。

そしてストレスを放置しておくと、それが蓄積して活力も生命エネルギーも低下していくのです。


カラダ、心、魂のどこかにストレスがかり続けて、それに対する警告として、病気や症状が現れてくるのではと考えています。




魂を喜ばせるお手伝い

薬や手術など外からの治療、
例えばがんで言うと、三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)は、自分に合ったものを適切なタイミングで行えば、問題箇所を攻撃して取り除く、あるいは症状を抑えるための有効なサポートになり得ます。


でも最終的には、回復の主役は自分の生命エネルギーです。

ストレスを取り除いてカラダ、心、魂の滞りがなくなるとエネルギーがまた循環して上がっていきます。

余命宣告を受け、そこまで追いつめられてやっと頭の束縛から脱し、今までのこだわりを手放してスイッチが入る人もいます。
内側から涌き上がるような目標を見つけ、生きるスイッチが入る人もいます。

魂の喜ぶ生き方をすれば生命エネルギーは圧倒的に上がり
活力が増してくるのは自然の法則。

それが回復スイッチを入れるということです。


たとえあなたが今、病気や症状の不安に悩まされ、大きなストレスを抱えていても大丈夫です。


私は現在、知らずのうちに負のパターンを何度も繰り返してしまっている脳のクセを魂を喜ばせる脳に転換させるという独自の方法で、ご自分の魂に沿って生きれるようになるサポートをしています。




電話1

どんなことでも一人で悩まないでお電話ください!

脳の回復スイッチサロン
ご予約・ご相談窓口


048-711-2326

営業時間:10:00~19:00  休業日:水曜

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional